富士登山は登山用品である必要はありません~♪

服装・持ち物・装備

登山時は、なるべく少ない荷物でザックを軽くしたいものですね。服装・衣類と装備は別々と考えず、例えば防寒具は雨具と兼用、下着はTシャツやタンクトップにしておけば、下山時が晴天で暑くても大丈夫♪

登山に不必要な持ち物は(貴重品を除いて)別のバッグにまとめれば、バスまたは五合目のコインロッカーへ置いて行くことができます。

服装・衣類のアドバイス

早朝・ご来光の時間帯(04~05時頃)の富士山頂の気温は、真冬並の0~5℃!

夏真っ盛りの富士山への往復道中から、気温20~25℃の五合目で着替えて登山スタート。イメージは春の服装・衣類(五合目)から真冬の服装(登頂・ご来光)への「重ね着」。

©山ガールのためのレディース登山用品店 アルココ

  • 上着は体温調節のしやすい物(前開きなど脱着衣し易いもの)
  • 帽子(ハット・キャップいずれでも。風で飛ばされないよう工夫を)
  • 動きやすく丈夫なズボン(シーンズは重くて曲がらないので不適、レギンス&スカートでは山頂で寒いかも)
  • 手袋(防寒・怪我の防止にも)
  • 厚手の靴下(重ね履きも有効。防寒と靴擦れ防止)
  • 履きなれた歩きやすい靴

普段使いの衣類・靴で問題はありません。登山用品なら、例えば帽子はレイン兼用だったりと高機能、くるぶしを覆う登山靴なら怪我の心配も減るなど、より快適であることは間違いありませんが「今回の富士登山のためだけに新調する」「高価なレンタルをフルセット借りる」必要はありません。

富士登山に必要な持ち物・装備

雨具必携!(防寒着兼用)

富士山では強い風で横や下から雨が降るので、レインコートや傘は×。山用でなくても問題はありませんが、ムレない高価な物の方が快適なのは確かです。

ザック・ディパック

容量の目安は大きめのディパック位・20~30リットル。中の荷物は小分けにビニール袋に入れて防水対策を。大きすぎるザックは重心が低くなって重く感じますよ。

防寒着

軽く暖かいフリースがベスト。春服+厚手のフリース+カッパ位で登山道中はちょうどいい感じかと。ただ、山頂でご来光を待つ時はもう1枚無いと寒いかも。

ライト(必携)

両手を開けられるヘッドライトやクリップタイプが望ましい。100円ショップ物でも可、明るいものを

水・お茶(1~2L)

最低1リットルは必要。山小屋・山頂での販売は500mlペットボトルで400~500円位

行動食(おやつ・補食)

チョコレート・飴・パンなど糖質の高いものが疲労回復に効果大。軽く、かさ張ず、日持ちするものが◎

小銭

トイレのチップ用に100円玉を千円程度、サイフとは別の小銭入れを取り出し易いように

トイレットペーパー

備え付はありますが念の為に少量をペシャンコにして

タオル1~2枚

汗拭き・防寒・日差避けなど用途もイロイロ。

携帯電話

万が一の緊急用に(登山道は各社ともほぼ通話可能)

ごみ袋

ゴミは必ず持ち帰りましょう。汚れた衣類用にも

お金

体調不良や高山病などで予定外の山小屋宿泊など、緊急時用にザックの底に1万円位。

もって行くと便利な持ち物・装備

ダウンジャケット

かさ張るけれど軽くて保温抜群。春服+ダウン派も多数。ダウンの上から雨具を着れないと雨対策に難あり

登山靴・トレッキングシューズ

が好ましいのは間違いありません。くるぶしを覆うハイカットタイプのものが怪我予防の意味でもベスト

スパッツ・ゲイター(山用具)

主に下山の際に靴の中に砂利が入るのを防止。雨天時は靴内の防滴防水にもなります。

登山ステッキ

登りには使えないし、コツや慣れが必要なので、かえって邪魔かも

耳栓

騒々しいとなかなか眠れないかも。100円ショップものでも十分有効

手袋・グローブ

登山中の怪我防止、頂上では防寒にも。使い捨てられる軍手が良さげ。

ウエットティッシュ

水道のない山では水は貴重。中々手を洗えないので少量あれば重宝します。

医薬品

常用薬やバンドエイド、下痢止めなど。高山病の症状を頭痛薬で押さえるのは…

化粧品 日焼け止め

遮る雲もない晴天。山は紫外線がとても強いので日焼け止めは男女問わず有効。

布ガムテープ

カッパが破れた!などあると便利かも。1~2m分位を何かに巻きつけて。

携帯酸素

高山病の予防に。効く・気休め・効果なしと意見は分かれますが…

その他

金剛杖朱印帳/保険証のコピー/カイロ/サングラスなど

複数人で行くなら、例えば日焼け止めやウエットティッシュ、クレンジングシートなどの小分けにし難いもの、布ガムテープなど持って行くと便利かもしれない携行品は、分担して持って行くと良いでしょう。

持ち物・装備の注意点

  • 何はともあれ、雨具だけはしっかりした物を。もし道具をレンタルするなら、雨具・靴が最優先。
  • 防水対策をしっかりしておきましょう。ザックの中身はビニール袋やジップロックで小分けに防水を
  • 富士山への道中に着用する衣類と、登山の衣類は別に用意(バスまたは五合目のロッカーに置いて行けます。収納するバッグも欲しい)。
  • ライトを手に持って歩くのはお薦めできません。100円ショップ物なら、ザックの肩ベルトや帽子に留めるなどの工夫を
  • わずかでも軽くする工夫を(登山経験が豊富な人ほどグラム単位まで軽量化に拘ります)。

PAGE TOP