お一人参加OK♪安心の出発保証 登山ガイド・添乗員同行コース

定番・吉田ルート利用3日間

往路は夜行バスだから初日は余裕♪山小屋での回復時間がたっぷりあるから、より高確率で登頂を目指せる人気コース!

登山ガイドと一緒なら安心なのはもちろん、疲労も軽い♪

七合目を過ぎると登山道は急登・岩場に

登山中はガイドが安全に配慮し、楽に、楽しく目的地へ導いてくれる、ビギナーに最適な吉田ルートを利用するなど、一番人気・テッパンコースの定番2日間コースと登り易さは同じです。

大きな違いは、富士山五合目まで夜行で行くから、初日の登山行動時間に余裕があること。

夜発ツアーのメリットと、夜行のデメリット…

夜行で行けば登山初日の行動時間に余裕♪

関西を夜出発、吉田口五合目へは朝到着。五合目で早めの昼食を頂いてから登山スタート、5時間程をかけてゆっくりと登ります。ゆっくりと高地順応の時間を取れますから高山病のリスクもずいぶんと低くなります。

山小屋で夕食を頂いて休憩・仮眠となりますが、まだ日も暮れない内に到着しますので時間に余裕があります。山小屋前での夕景を楽しんだり、朝発ツアーに比べて休憩・仮眠時間もたっぷり。

山小屋は以下のいずれかをご利用いただきます(当日案内)

八合目:白雲荘(3,200m)・元祖室(3,250m)・下江戸屋(3,350m)・太子館(3,100m)・蓬莱館(3,150m)、本八合目:富士山ホテル(3,400m)・上江戸屋(3,400m)・本八合目トモエ館(3,400m)

ざっくり登頂まで八合目の山小屋からは2.5時間、本八合目の山小屋からなら1.5時間。

ご来光を目指す深夜の再スタート時間まで、疲労回復・仮眠時間をより長く取ることができますから、体力的には随分違いが出ます。

寝室のイメージ(男女相室の雑魚寝)

朝発だと少々退屈気味な富士山五合目までの移動時間も気にならず、メリットの多い夜行3日間ツアーですが、デメリットもあります。

夜行バスで行くのですから登山初日は確実に“睡眠不足気味”。家の布団で寝るのと同質の睡眠という訳もなく、体調不良、疲労感、注意力が散漫になることでの怪我や事故のリスクなど、行動に全く影響が無いとは言い切れません。

夜行3日間ツアー参加者からは、疲れも手伝って「かなり早目、まだ明るい時間から熟睡できた」という声もよく聞きます。スキーツアーや高速バスなどで「夜行バス」を経験したことがある、特に苦と感じない方には超おススメです♪

下山後は石和温泉で入浴&昼食♪

疲れを癒してお帰りください♪

お料理の種類も豊富な和洋中バイキングの昼食と、美人の湯・石和温泉でゆっくり疲れを癒してお帰りください♪

  • 利用予定:ホテル慶山またはホテル甲斐路
  • 入浴・昼食・お土産・ワイン試飲など90~120分程度の滞在予定(昼食のイメージ
  • シャンプー・ソープ類・ドライヤー常備
  • 貸タオル付(バスタオルは300円現地払い)

夜発:定番3日間 22,700円~

往路は夜行バスだから初日は余裕♪山小屋での回復時間もたっぷりあるから、より高確率で登頂を目指せる人気のコース

八合目以上の山小屋を利用(当日案内)

時間調整を兼ね、2日目の朝に立寄る「花の湯」での入浴付コースも選べます。

PAGE TOP